HOME > IR情報 > 株主・投資家の皆様へ

株主・投資家の皆様へ

「築地銀だこ」既存店売上高の好調、銀だこ酒場業態の出店加速などにより、増収増益の上半期となりました。

平素より格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

第29期(2019年12月期)の上半期は、前期に続いて、主力である築地銀だこ事業に経営資源を集中させる戦略を継続してまいりました。

主力ブランドの「築地銀だこ」においては、継続的なキャンペーンや期間限定の新商品発売などが奏功し、既存店売上高前年同月比は上半期累計で102.7%と好調に推移いたしました。特に2019年3月は、22周年の『大創業祭』やTVCM放映などの連動キャンペーンにより大きな盛り上がりを見せました。
 銀だこ酒場業態においても、積極的な出店に取り組みました。銀だこハイボール酒場、銀だこ大衆酒場、ギンダコ横丁といった立地に合わせた出店により、上半期は11店舗の出店を行いました。また、新たな酒場業態としておでん業態「おでん屋たけし」を2019年4月にオープン、2018年10月にグループ入りしたお好み焼業態「ごっつい」も、グループ入り後初の出店を2019年5月に行いました。なお、銀だこ酒場業態の成長スピードを上げること、競争力を高めることを目的に、4月1日付で新設分割による分社化を行い、株式会社ギンダコスピリッツを設立いたしました。これにより銀だこ酒場業態の出店スピードをさらに加速させてまいります。
 製販事業においては、大手コンビニエンスストアでの冷凍たこ焼の販売が順調に拡大いたしました。製造ラインの増設などを行い、製造キャパシティの拡大に取り組んでおります。
 海外事業においては、特にASEAN地域で順調に店舗数が伸びています。また、7月には初の試みとして、ロンドンでの日本関連イベントに催事出店いたしました。「The NIPPON FAST FOOD」として大変好評を博し、ヨーロッパ市場の可能性に手応えを感じました。
 前期に実施した不採算事業・店舗の積極的な整理に加え、これらの事業活動の結果、当上半期の連結業績は、売上高16,011百万円(前年同期比5.0%増)、営業利益858百万円(同101.2%増)と好調に推移することができました。引き続き、築地銀だこ事業を中心にグループ一丸となって、通期業績予想達成へ向けて取り組んでまいります。

株主の皆様におかれましては、一層のご指導とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2019年9月

株式会社ホットランド
佐瀬 守男