HOME > IR情報 > 経営方針 > 事業内容

IR情報

事業内容

築地銀だこ
築地銀だこ

「築地銀だこ」は、厳選素材を使用して、皮はパリッと、中はトロッと、たこはプリッと焼き上げた“ぜったいうまい!!たこ焼”です。活気と親しみに満ちた雰囲気の中で、熟練の職人が一つひとつ心を込めて焼き上げるのが信条。まんまるアツアツのたこ焼を通して、ほっとするひと時やたくさんの笑顔を提供します。

築地銀だこ

たこ焼(税込580円)/だんらんパック16個入り(税込1,150円)/だんらんパック24個入り(税込1,680円)

たこ焼(税込580円) だんらんパック16個入り(税込1,150円) だんらんパック24個入り(税込1,680円)

※2018年12月31日現在

銀だこハイボール酒場
銀だこハイボール酒場

「築地銀だこ」がプロデュースする「銀だこハイボール酒場」は、アツアツのたこ焼と爽快感のある強炭酸ハイボールの最高な組み合わせをご用意。酒場限定のたこ焼に加え、種類豊富なおつまみとお酒で楽しいひと時を過ごしていただけます。
「銀だこハイボール酒場」のほかに、昭和を思わせるどこか懐かしく親しみやすい店構えの「銀だこ大衆酒場」や、天ぷら・焼鳥・鉄板焼等の専門店を集合させた屋台形式の「ギンダコ横丁」など、様々な形態で幅広い世代に愛される空間を提供しています。

銀だこハイボール酒場 銀だこハイボール酒場
その他ブランド
その他ブランド
2018年の振り返り
価格改定の実施(2018年7月1日~)

主要原材料であるタコの世界的な価格高騰。商品価格の改定を実施。

価格改定の実施(2018年7月1日~)
2018年度たこ原料の調達・加工ルート
2018年度たこ原料の調達・加工ルート
2018年既存店売上高前年比

「築地銀だこ」既存店売上高前年比

「築地銀だこ」既存店売上高前年比

※2017年8月実施のソフトバンク様「スーパーフライデー」とのキャンペーンの数値は含まず。

※2017年12月、2018年1月、2019年1月実施のミクシィ様「モンスターストライク」とのキャンペーンの数値は含まず。

「築地銀だこ」店舗数と1店当たり年間売上高

立地・収益性重視の出店方針、新商品開発、銀だこ酒場業態の成長。

「築地銀だこ」事業の1店当たり年間売上高は拡大している。

店舗数と1店当たり年間売上高の推移

店舗数と1店当たり年間売上高の推移
2018年新店舗
築地銀だこ成田空港店,築地銀だこアリオ葛西店

築地銀だこ成田空港店

築地銀だこアリオ葛西店

築地銀だこ目黒不動前店,築地銀だこ阪神競馬場店

築地銀だこ目黒不動前店

築地銀だこ阪神競馬場店

2018年銀だこ酒場業態出店業態

五反田ギンダコハイボール横丁

五反田ギンダコハイボール横丁
銀だこハイボール酒場 銀だこ大衆酒場 銀だこハイボール酒場,銀だこ大衆酒場 ギンダコ西船横丁 ギンダコ西船横丁
「築地銀だこ」事業

成長し続ける「築地銀だこ」。更なるブランド力強化と事業モデルの深化を目指して!

「築地銀だこ」事業
「築地銀だこ」ブランドの発展

ブランド発展による利用機会の拡大

「築地銀だこ」ブランドの発展
銀だこ酒場事業の発展

立地・客層に応じた業態展開で、出店スピードがアップ。事業全体で50店舗を越え、投資コスト回収のステージへ。

銀だこ酒場事業の発展
銀だこ酒場事業出店強化
銀だこ酒場事業出店強化
製販事業の拡大
製販事業の拡大
海外事業の拡大

現在59店舗。2020年には海外100店舗を目指す。

海外事業の拡大